トップページへ
YJ Studio 2020


オンライン説明書はこちら

※フリーソフト版は、いくつか機能制限があります。
 機能制限が無いバージョンは、YJ ProjectYJ Studioにユーザー登録して頂けた方に配布しています。

2020/ 8/10 YJ Studio 2020.0810 フリーソフト版をリリースしました。  ダウンロード 11MB 3Dモデルのモデリングで自動選択(A)を使用してポリゴンを選択する処理が高速化しました。 3Dマップの3Dモデル配置のベースウィンドウに「入れ替え」ボタンを追加しました。 配置済みの3Dモデルを一気に入れ替える事ができるようになりました。 2020/ 8/ 6 Recollection 2020.0804 に追加したサンプルデータ(草原.YJC)を YJ Studioの3Dマップ編集で読み込んだスクリーンショットです。 ベースウィンドウの追加ボタンでYJPを読み込んで配置します。 すると配置ウィンドウに追加されて、3Dモデルが表示されます。 配置ウィンドウで、動かしたいYJPを選択して メイン画面で左ドラッグするだけで、オブジェクトを移動できます。 削除ボタンで消すこともできます。 これが1つのモデルデータだけの場合 あとから木を1本だけ移動させたい時が大変です。 木を本数が増えれば増えるほど、ポリゴン選択が大変ですし ファイルサイズもドンドン増えて行きます。 3Dモデル配置を使えば、簡単に1つの木を選択して移動できますし 大量に配置してもモデルデータのファイルサイズは増えません。 2020/ 8/ 3 YJ Studio 2020.0803 をユーザー専用ページでリリースしました。 3Dモデリングで右クリックでポリゴン選択時 カメラより後ろにあるポリゴンを選択しないようになりました。 3Dモデリングのグループウィンドウの自己発光(Bloom)をONにして オプションのシェーダー描画ON時、Bloom表示が反映するようになりました。 3Dマップの3Dモデル配置の読み込み高速化や 使用メモリが少なくなりました。 2020/ 7/21 YJ Studio 2020.0721 をユーザー専用ページでリリースしました。 ムービー編集で、YJV形式保存時に オプションのシェーダー描画の設定を保存するようになりました。 後日、YJ PlayerなどでYJV再生時に このオプションを参照して、標準描画かシェーダー描画を 切り替えて表示する予定です。 2020/ 7/18 YJ Studio 2020.0718 フリーソフト版をリリースしました。  ダウンロード 11MB オプションにシェーダー描画を追加しました。 今の所、3Dシャドウ確認用です。 シャドウがあると、かなり見た目が良くなりました! 3Dマップ編集かムービー編集用ですが モデリングでシャドウが落ちながら 編集できるのは新鮮ですw (^^;) まだ標準描画時と、Viewの表示範囲が違うとかありますが 後日修正かシェーダー描画のみになっていくと思います。 2020/ 7/ 5 YJ Studio 2020.0705 フリーソフト版をリリースしました。  ダウンロード 11MB ムービー編集に、グリッド表示を追加しました。 ムービー編集で、BGMが2回目以降再生されないのを修正しました。 ノートPC等でWindowsの画面を拡大表示している場合 1920x1080だと文字が小さく1.5倍以上にして 解像度が1280x720以下になっている場合 エフェクトやムービー編集モードで 画面に何も表示されていなかったのを修正しました。 2020/ 6/13 YJ Studio 2020.0613 フリーソフト版をリリースしました。  ダウンロード 11MB YJP形式のバージョンが2020になりました。 3Dモデルのグループ別に ・シャドウマップの描画フラグ ・半透明描画用にZバッファ書き込みフラグ を設定して保存できるようになりました。 室内など天井や壁のシャドウマップが不要な時に チェックを外すと影を描画しなくなります。 2020/ 6/ 2 YJ Studio 2020.0602 フリーソフト版をリリースしました。  ダウンロード 10MB 3Dモデルのモーション編集で、アンドゥすると モーションデータ(キー情報)が消えてしまうのを修正しました。 2020/ 5/27 YJ Studio 2020.0527 フリーソフト版をリリースしました。  ダウンロード 10MB 3Dモデル編集のモデリングのグループウィンドウに 描画モードのコンボボックスを追加しました。 標準・加算合成・減算合成・乗算合成を グループ別に設定して、YJP形式に保存できるようになりました。 2020/ 5/23 YJ Studio 2020.0523 フリーソフト版をリリースしました。  ダウンロード 10MB 3Dマップ編集モードで、エフェクト編集で作成できる YJE形式のエフェクトを配置できるようになりました。 現在、エフェクトの種類がパーティクルで動作確認しています。 エフェクトデータを追加しました。 Data/Recollection/Effect/炎_パーティクル/Fire.YJE 3Dマップ編集でエフェクトを配置したデータを追加しました。 Data/Recollection/map1_3_通路/通路.YJC 2020/ 5/16 YJ Studio 2020.0516 フリーソフト版をリリースしました。  ダウンロード 10MB ・3Dマップ編集の3Dモデル配置で、左クリックで3Dモデルを選択できるようになりました。 ・3Dマップ編集のイベントで、左クリックでイベントを選択して  左ドラッグ時リアルタイムに座標値を更新するようになりました。 ・エフェクト編集でYJEファイル読み込み時、ルートのDataフォルダより  深い階層のフォルダから読み込み時にエラーが出るのを修正しました。 ※フリーソフト版は、起動時にホームページが表示されます。 2020/ 5/ 9 YJ Studio 2020.0509 リリースしました。 ・3Dマップ編集のイベントで、各イベントに  名前を設定できるようになりました。 ・3Dマップ編集、背景モデルとコリジョンモデル名の  表示や削除できるボタンを追加しました。 ・3Dマップ編集の3Dモデル配置、ベースモデル追加時に  自動的に配置もするようになりました。 ※フリーソフト版は、後日配布予定です。 2020/ 4/29 YJ Studio 2020.0429 フリーソフト版をリリースしました。  ダウンロード 10MB 3Dマップ編集モードで、イベント情報を設定できるようになりました。 黄色の4角形の範囲内にキャラクターが移動したら 次のマップへ移動とか、セリフ表示とか ボスが登場などのサンプルデータを作る予定です。 2020/ 4/14 YJ Studio 2020.0414 フリーソフト版をリリースしました。  ダウンロード 10MB 3Dマップ編集の3Dモデル配置モード ・配置ウィンドウで3Dモデルを選択して、左ドラッグで移動できるようになりました。 ・YJC形式に3Dモデル配置情報も保存されるようになりました。 使い方 ・ベースウィンドウの追加ボタンで3Dモデル(YJP等)を選択します。 ・配置したい項目を選択して、配置ボタンを押します。 ・配置ウィンドウで、編集したい項目を選択して、メイン画面で左ドラッグで編集できます。 ・メニュー -> ファイル -> 保存 (YJC ) でファイルに保存します。