トップページへ
YJ Studio 2006


2006/ 2/ 3

 YJ Studio 2006  *** 開発状況 ***

 中ドラッグで表示を上下左右にスクロールできるのですが
 マウスによって、ホイールをクリックした時の設定が
 中ボタン以外に設定されている場合、スクロール機能が利用できない場合があります。

 それと中ドラッグ操作をしにくいマウスがあるため
 左右同時ドラッグでも、表示をスクロールできるようにする予定です。


2006/ 2/ 1

 YJ Studio 2006 β版 0201 ( 2.8MB )を、YJ Studio 2005 ユーザー専用ページ にアップしました。

 3Dモデル編集 -> メモリ使用量を減らして、パフォーマンスがアップしました。

 ※ 現在 YJP 2004 より古い場合、読み込めません。
    YJ Studio 2005 で読み込んで保存して頂けると
    YJP 2005 形式で保存できます。


2006/ 1/25

 YJ Studio 2006 β版 ( 2.2MB )を、YJ Studio 2005 ユーザー専用ページ にアップしました。

  モニターの解像度が1600ドット以上の場合、サブウィンドウ(Front,Top,Side)の座標が
  保存されないのを修正しました。

  モデリング -> メニュー -> YJP以外のファイル形式を、直接読み込めるようになりました。

                分割時のUV値を、改良しました。

  ボーン -> 座標を数値入力できるようになりました。

  モーション -> ボーンだけでなく、グループのテクスチャNoを
                キー単位で設定できるようにして、目パチ口パク等ができるようになりました。

  ムービー -> データのフォルダ管理や、3Dオブジェクトの操作性を改良しました。

              AVIレンダリング機能を、別ソフトにする予定でしたが
              今まで通りStudioで直接保存できるように戻しました。

  使用メモリを減らして、モデリング時のパフォーマンスがアップしました。


2006/ 1/12

 YJ Studio 2006 β版  *** 開発状況 ***

 利用できるポリゴン数が、10000から65000に増えたので
 現在メモリの大食い状態です。
   使用メモリを節約したのを、β版として
 まもなく配布開始する予定です。


2005/12/ 4

 YJ Studio 2006 α版 1204 ( 2.7MB )を、YJ Studio 2005 ユーザー専用ページ にアップしました。

 ディスプレイスメントマップに対応しました。
 曲面モード使用時、分割数を設定できるようになりました。


2005/12/ 2

 YJ Studio 2006  *** 開発中 ***

 

 モデリング -> グループウィンドウに、Displacement用の高さと分割数
               設定できるようになる予定です。

 分割数は、Displacement と 曲面モード で利用します。

 分割数を増やす程、高画質&高負荷になるので
 高速なパソコンが無いと、重くて使えないかもしれませんが・・・
   編集するモデルデータがローポリでも、Displacement や 曲面モード を利用すれば
 ハイポリモデルを簡単に作成できて、ファイルサイズもローポリと同じなのでHDDを節約できます。


2005/11/27

 Displacementmap 2006 α版 1127   0.6MB

 

 

 Y軸だけ凸凹から、立体で凸凹できるようになりました。

 あとは、YJ Studio のグループウィンドウに、Displacementの項目を追加できれば
 ファーストステップ終了です。

 セカンドステップは、ポリゴンの自動分割を予定しています。


2005/11/24

 YJ Studio 2006 α版 1124 ( 2.7MB )を、YJ Studio 2005 ユーザー専用ページ にアップしました。


 2005との大きな変更点は、扱えるポリゴン数が 10000 -> 65000 に大幅アップ!
 ディスプレイスマップに対応(まだ開発初期段階)

 現在ポリゴン数アップに伴い、使用メモリやCPUの負荷も大幅アップ!(^0^;)
 ハイポリ編集時は、かなりパワフルなパソコンが必要ですし
   YJP形式が2006になり、現在配布中のYJライブラリ等
 2005年版と互換性が無いため利用範囲は狭いです。

 正式版になるまで、YJP 2006 のフォーマットも改良していくので
 αやβで作成したYJPは、正式版と互換性は無いと思います。

 ということで・・・しばらくの間、上級者を越えたプロ(マニア?)な方用に
 YJ Studio 2005ユーザー登録して頂いた方にだけ
 先取り公開を開始します。