トップページへ
YJ Project 2011

2011/10/ 2  YJ Project 2011.10 アップしました。

 2011年10月2日時点での最新ゲーム開発環境と、複数のサンプルが1セットになったバージョンです。

 

 YJ Studio 3Dの描画を、シェーダーモードで描画に変更しました。
 YJライブラリは、数年前から対応していましたが
 YJ Studioもシェーダー描画することにより、ツール上の見た目が
 よりゲーム画面に近い環境で、データ作成ができるようになりました。

 しばらくの間、標準描画の安定版も配布する予定です。

 ユーザー登録 して頂けた方に配布中です。( ファイルサイズは 104MB )

 バグや要望等ありましたら、お気軽にお知らせ下さい。


2011/ 7/ 3  YJ Project 2011.07 アップしました。

 2011年7月3日時点での最新ゲーム開発環境と、複数のサンプルが1セットになったバージョンです。

 

 Recollection 2011.0703
 ・敵を倒したら、次のエリアに進む処理を追加しました。
 ・敵の攻撃処理や、見た目を改良しました。
 ・キャラクター回転時、極希に不思議な回転をするバグを修正しました。

 YJライブラリ 2011.07
 ・YJ.ImageDelete() 全イメージ消去関数を追加しました。

 YJライブラリ Dx11 2011.0430 YJ.h ファイル分割版を追加しました。


 ユーザー登録 して頂けた方に配布中です。( ファイルサイズは 92MB )

 バグや要望等ありましたら、お気軽にお知らせ下さい。


2011/ 3/24  YJ Project 2011.03 アップしました。

 2011年3月24日時点での最新ゲーム開発環境と、複数のサンプルが1セットになったバージョンです。

 

 Recollection 2011.0324
 ・3Dモデルでボーンアニメーションしたエフェクトを複数表示した場合
  タイミングをズラしてエフェクトを作成しているのに、全てのエフェクトが
  同じFrameになってしまうのを修正しました。

 YJ Studio 2011.0324
 ・3Dモデル編集 -> ボーン -> FrontView -> 右クリック&右ドラッグ時のボーン選択を改良しました。
 ・3Dモデル編集 -> ウエイト -> FrontView -> 右クリック時のボーン選択を改良しました。
 ・エフェクト編集 -> 再生ボタンと停止ボタンを1つに統合して、マウスを移動しなくても操作できるようになりました。
           Aキーでも、再生と停止ができるようになりました。
 ・ムービー編集 -> Frame0にエフェクトや効果音がある場合でも、処理を実行するようになりました。
 ・ムービー編集 -> エフェクト -> キーごとの「表示」チェックフラグが、反映するようになりました。

 YJライブラリ 2011.03
 ・YJ Studio 2011.0324で作成できる、YJEエフェクトに対応しました。


 ユーザー登録 して頂けた方に配布中です。( ファイルサイズは 82MB )

 バグや要望等ありましたら、お気軽にお知らせ下さい。


2011/ 1/20  YJ Project 2011 アップしました。

 2011年1月20日時点での最新ゲーム開発環境と、複数のサンプルが1セットになったバージョンです。

 

 YJ Studio と YJライブラリを、2011 に更新しました。

 YJ Studio -> 3Dモデル -> テクスチャ編集モードに、3Dペイントを追加しました。
              3Dモデル -> モーション -> メニュー -> モーションデータをコピーのバグを修正しました。

 YJライブラリ -> 3Dモデルのメモリ使用量の節約や、マルチスレッド読み込み改良がメインです。

 ユーザー登録 して頂けた方に配布中です。( ファイルサイズは 81MB )

 バグや要望等ありましたら、お気軽にお知らせ下さい。