トップページへ
Recoベンチ ( 3Dベンチマーク )


2007/ 7/15  Recoベンチ 2007.0715 マルチスレッド読み込み   1.2MB

 

 Recoベンチのキャラ読み込み部分を、マルチスレッド化してみました。

 敵キャラを100人を読み込み中、今までは黒い画面を数秒間表示後、3D表示がスタートしました。

 今回は、読み込み中に画面を更新(フォントによるカウント表示)するようになりました。

 読み込み待ち時間が長い場合、画面が真っ黒だとユーザーさんはイライラしがちですが
 残り待ち時間が表示されたり、次のシナリオやシーンの説明・操作方法等を表示しておけば
 ユーザーさんのイライラを防止したり、待ち時間を有効に活用できそうです。


2006/ 5/14

 Recoベンチ 2006.0514 アップしました。  3.5MB

 DirectX 9 に対応しています。

 ※ GeForce3 以上なら動作すると思いますが
  GeForce4 MX は、動作しない気がします。


2006/ 5/13

 YJライブラリ 2006  新ポリゴンエンジン ( 開発中 )

 
 
 

 Recollectionのデータを使用した、YJライブラリの
 新ポリゴンエンジン(開発中)のスクリーンショットです。

 100人 30FPS  |  150人 18FPS  |  200人 10FPS

 開発環境 PenM 2.0G + GeForce7800GT


 2003/ 6/ 1

  Recoベンチ 2003.0601 アップしました。   ダウンロード 1.7MB

   Recollectionをベースにした、ベンチマークです。

   DirectX 8.1 ( YJライブラリ2003 ) と DirectX 9.0 ( YJライブラリ2004α版 ) で
   同じ内容を実行して、負荷を比較するために作ってみました。

   タスクマネージャー -> パフォーマンス -> CPU使用率 で負荷を確認できます。


   矢印キー 移動 : Z ガード : X 攻撃(3段)
   F2でアンチエイリアス有無

   DirectX 9.0版は、ウィンドウサイズを広げることができます。


 2003/ 5/27  *** 開発状況 ***

  

  DirectX 9.0 に移植中です。

  主人公 + 敵3人 + 背景 のCPU負荷は
  DirectX 8.1  30%(90%)  ※ ()内はアンチエイリアスON
  DirectX 9.0  30%(40%)

  アンチOFFの時は、あまり変化ありませんが
  アンチONの時は、負荷が半分以下になりました。
    ビデオカードの負荷もわかれば便利なのですが
  単純計算で、敵数を6〜8人に増やしても
  60FPSを維持できるかもしれません。




カウンター高速バスフットサル場