トップページへ
Recollection 2021 ( Windows10対応 )


現在、オープンで開発中です。(だれでも自由に参加できるように公開しながら開発するプロジェクト)

その為、ここから下の部分には、ゲームのストーリーや登場キャラクター等の情報が公開されています。

ネタバレなしでプレイされたい方は、ご注意下さい。


BBS          ← メッセージやデータファイルは、こちらへお願い致します。               複数の人が同じ作業をして、データや時間が無駄にならないように               作業する内容を書き込んでから作業する事にご協力お願い致します。 仕様          ← 操作方法・設定・ストーリー 改良点         ← 品質向上メモ 開発メンバー募集    ← いっしょにゲーム作りしませんか? 宣伝してお小遣いをGET ← 購入金額の50%をお支払い致します。 Recollectionは、YJ StudioYJライブラリを使用しています。 Recollectionのソース付き版をYJライブラリのページで配布しています。プログラムの参考にどうぞ。 3Dグラフィックは、素材データを使用しています。https://yj-project.booth.pm/ BGMやSEは、音素材を使用させてもらっています。 Wingless Seraph ユーフルカさん https://wingless-seraph.net/ 効果音ラボ https://soundeffect-lab.info/
■ダウンロード Recollection 2021.0410 16MB プレイ時間は、小説版 + ぷぷバトル + TPSバトルで 10〜15分位です。 Recollection 2021YJ Project 2021ユーザー登録して頂けた方に配布しています。 Recollection.exeのストーリー版のみ無料配布を終了しました。 ストーリーを含まない他のexeや動画は無料配布中です。(過去の更新内容をご覧下さい) ■アプリの実行方法 ・ダウンロード用のリンクを左クリック。 ・「保存」や「名前を付けて保存」を選択して、パソコンにダウンロードします。 ・ダウンロードしたzipファイルを展開(解凍)します。  Windows10の場合、右クリック -> すべて展開 -> 「展開」ボタン ・展開されたフォルダの中にある「Recollection.exe」をダブルクリックしてアプリを実行します。 ・Windows10の場合「WindowsによってPCが保護されました」と表示される場合は  「詳細情報」をクリック -> 「実行」ボタン -> アプリが起動します。
2021/ 5/10 執事ロボ 2021.0510   ダウンロードはこちらへ ボーンやウエイト設定して、モーションを作成してみました。 2021/ 5/ 5 執事ロボ 2021.0505   ダウンロードはこちらへ 頭や手を鉄っぽくして、目を青くしてみました。 2021/ 4/20 執事ロボ 2021.0420   ダウンロードはこちらへ 頭をグレーにして、黒目を大きくしてみました。 かわいさがアップした気がしますw 2021/ 4/10 Recollection 2021.0410 リリースしました。16MB ぷぷバトルの操作方法を、ZとXキーからマウス左右クリックに変更しました。 それに伴って、タイトル画面を 左クリックでスタートするように変更して 効果音を追加しました。 ストーリーも、左クリックで進むように変更しました。 3Dモデルの読み込み処理(マルチスレッド)を改良して 低速なPCほどファイルの読み込み速度が高速化しました。 プレイ時間は、小説版 + ぷぷバトル + TPSバトルで 10〜15分位です。 2021/ 4/ 3 Recollection 2021.0403 リリースしました。16MB 今まで別exeで配布していた ぷぷバトルを、第1部に追加しました。 プレイ時間は、小説版 + ぷぷバトル + TPSバトルで 10〜15分位です。 2021/ 3/27 Recollection 2021.0327 リリースしました。16MB 第2部にTPSバトルを追加しました。 敵を倒したら、次のストーリーに進むようになりました。 プレイ時間は、小説版 + TPSバトルで 7〜12分位です。 2021/ 3/21 Recollection 2021.0321 リリースしました。16MB 第2部とエンディングのテキストデータを更新して オープニング・第1部・第2部・エンディングのストーリーをテキストで表示後 タイトル画面に戻り、リスタートできるようになりました。 まだ最低限の内容ですが、小説版の完成です。( プレイ時間 5〜10分位 ) 2021/ 3/ 9 Recollection 2021.0309 リリースしました。16MB Data/Recollection/Storyフォルダを追加して タイトル画面からオープニング・第1部・第2部のストーリーを連続再生して TPSに推移できるようになりました。 プレイ時間 5分位 2021/ 3/ 7 残り作業改良点を更新しました。 まずはストーリーをテキスト表示で実装して、小説バージョンを作成します。 後日、グラフィックを追加する予定です。 ぷぷやヒロインを操作するバトルモードを追加して、完成を目指します! 2021/ 3/ 5 仕様を更新しました。 ・第2部の時間帯は、夜のバースデイパーティー中 ・施設から脱出直後について追記 2021/ 3/ 2 Recollection 2021.0228 リリースしました。12MB Recollection.exeのストーリー版のみ無料配布を終了します。 ストーリーを含まない他のexeや動画は無料配布中です。 2021/ 2/28 タイトル画面からオープニングを作って、動画撮影してみました。BGMあり 2021/ 2/27 仕様に、オープニングの台詞を追加しました。 YJ Studioのムービー編集を使う予定です。 まずはテキストを順番に表示して 2Dイメージを数枚切り替えて表示。 紙芝居版を作ろうと思います。 あとで3Dポリゴン劇にしたいと思っています。 2021/ 2/21 残り作業にオープニングの項目を追加しました。 2021/ 2/20 ゲーム開発が下準備やツール作りから ゲームのメイン部分の作成フェーズになってきました。 ゲームを開発&販売して利益の山分けだと 長期間報酬なし、完成まで行けても売れなければ報酬なしが 良くあるパターンだと思います。 そこで「私の他のコンテンツの利益をゲームが完成する前から分配」で 開発メンバーを募集していたのですが 2021年2月19日までに参加して頂けた方で受付を終了します。 これから参加される方は ゲームを開発&販売して利益の山分けになります。 ということで、これから参加される方に利益分配するために ゲームに機能制限など追加して、最初は格安で販売して行こうと思っています。 2021/ 2/11 Recollection 2021.0210 ソース付き版 リリースしました。  ダウンロード 17.7MB 長文の会話メッセージを表示するサンプルです。 Visual Studio 2019 でビルドすると、Recollection.exeを作成できます。 YJ Project 2021YJライブラリ 2021ユーザー登録して頂けた方に配布しています。 2021/ 2/10 Recollection 2021.0210 リリースしました。  ダウンロード 9.4MB 長文の会話メッセージを、表示できるようになりました。 Data/Recollection/Map/000_開発用/メッセージ.YJC 左クリックで、次々メッセージを表示して 会話中はキャラを操作できないようになりました。 これで YJ Studio でキャラや背景をモデリングして マップ編集でキャラを配置して メッセージを設定できるようになりました。 プランナーやグラフィッカーだけで 村や街に人を配置して、会話メッセージでストーリーを伝えて イベント設定でマップ間の移動を設定すれば 広大なマップを作成して行き来できる状態になりました。 2021/ 2/ 6 Recollection 2021.0206 リリースしました。  ダウンロード 9.4MB 開発用のアプリ YJ Studio もセットで配布する事にしました。 YJ Studioで3Dモデリングやモーション編集後、Recollection.exeを起動するだけで すぐに編集したデータを確認できるようになりました。 Recollection.exeも複数セットで配布する事にしました。 TPS, ぷぷバトル, 会話メッセージの動作を すぐに確認できるようになりました。 2021/ 2/ 1 Recollection 2021.0130 ソース付き版 リリースしました。  ダウンロード 13MB 会話メッセージを表示するサンプルです。 Message.cppとMessage.hを追加しました。 Visual Studio 2019 でビルドすると、Recollection.exeを作成できます。 YJ Project 2021YJライブラリ 2021ユーザー登録して頂けた方に配布しています。 2021/ 1/30 Recollection 2021.0130 リリースしました。  ダウンロード 5.4MB 会話メッセージを表示するサンプルです。 YJ Studio/3Dマップ編集/3Dモデル配置/配置のパラメータにMSG 2つ目のパラメータに会話メッセージを入力してYJC形式を保存します。 Data/Recollection/Map/000_開発用/メッセージ.YJC Recollection.exeを実行して兵士に近付き 左クリックで会話メッセージを表示できるようになりました。 2020/12/15 Recollection 2020.1213 ソース付き版 リリースしました。  ダウンロード 13MB Visual Studio 2019 でビルドすると、Recollection.exeを作成できます。 YJ Project 2020YJライブラリ 2020ユーザー登録して頂けた方に配布しています。 2020/12/13 Recollection 2020.1213 リリースしました。  ダウンロード 5MB 敵を倒したら、武器を落とすようになりました。 武器を拾った時に、武器の色や 発砲音も変わるようになりました。 装備している武器と、異なる武器を拾った時は 装備中の武器を足元に置くようになりました。 弾切れ時と、武器を拾った時に 効果音を追加しました。 2020/12/ 6 Recollection 2020.1205 ソース付き版 リリースしました。  ダウンロード 13MB Visual Studio 2019 でビルドすると、Recollection.exeを作成できます。 YJ Project 2020YJライブラリ 2020ユーザー登録して頂けた方に配布しています。 2020/12/ 5 Recollection 2020.1205 リリースしました。  ダウンロード 5MB 武器に弾数を設定して、弾切れ時は発砲できないようになりました。 地面に落ちている武器を拾うと、再度発砲できるようになります。 Data/Recollection/Map/004_草原 に 地面_コリジョン.YJP を追加して 地面にキャラクターがめり込まないようになりました。 YJ Studioの3Dマップ編集で、コリジョンモデルに 地面_コリジョン.YJP を選択するだけで ゲームプレイ時は、YJライブラリが自動的に 地面との当たり判定を実行します。 ( 当たり判定をOFFにもできます ) 地面の3Dモデルを編集するだけで 複雑な高低差のあるフィールドを作成できます。 2020/11/28 Recollection 2020.1125 で動画撮影しました。 2020/11/26 Recollection 2020.1125 ソース付き版 リリースしました。  ダウンロード 12MB Visual Studio 2019 でビルドすると、Recollection.exeを作成できます。 YJ Project 2020YJライブラリ 2020ユーザー登録して頂けた方に配布しています。 2020/11/25 Recollection 2020.1125 リリースしました。  ダウンロード 5MB 銃で発砲時に、反動モーション追加しました。 マウス左を押しっぱなしで、連射できるようにしました。 武器を持ち替える処理を作るために マップ上に武器をバラまいて、マウス左で拾えるようにしました。 ヒロインの3Dモデル ・腰や腕を細くしました。 ・しゃがむモーションを追加しました。(未使用) ・銃で発砲時用の反動モーション追加しました。 ・ダメージモーション、後ろに倒れるスピードを速くしました。 2020/11/ 7 Recollection 2020.1107 リリースしました。  ダウンロード 5MB 草や木を増やしてみました。 ( 11/ 7にYJ Studioのページにアップしたデータに入れ替えました。 ) 2020/11/ 3 Recollection 2020.1103 リリースしました。  ダウンロード 5MB 草や木を増やしてみました。 ( 10/31にYJ Studioのページにアップしたデータに入れ替えました。 ) 2020/10/13 Recollection 2020.1013 リリースしました。  ダウンロード 5MB ヒロインの3Dモデルを更新しました。 YJライブラリを更新して、3Dマップ/3Dモデル配置/ベースウィンドウで設定できる コリジョン設定が反映するようになりました。YJC Ver 2020.1 2020/ 9/23 ヒロインのモデリング 全体的に丸みのある形状に修正して ポニーテール追加、顔のテクスチャを更新しました。 YJ Studioでモデリングやモーションを作成しています。 2020/ 9/19 Recollection 2020.0919 動画 2020/ 9/13 Recollection 2020.0912 動画 2020/ 9/12 Recollection 2020.0912 リリースしました。  ダウンロード 4.3MB ヒロインが発砲時に弾道(白ライン)を表示して 当たり判定を白ラインに変更しました。 マウス右、ヒロインが照準マークの方を向くようになりました。 構えている時に、移動しながら攻撃できるようになりました。 ヒロインのモデル更新 ( ひじ・ひざが2つボーンの影響を受けるように設定 ) 照準のイメージ画像を更新しました。 Recollectionは、YJ Studio 2020YJライブラリ 2020.0912 を使用して開発しています。 ※ソース付き版を、YJ Project 2020 に追加しました。 2020/ 9/ 4 Recollection 2020.0904 リリースしました。  ダウンロード 4.1MB 白いBoxモデルデータを追加しました。 Character/ヒロイン/Heroine.YJP 兵士から武器だけ取り出したモデルデータを追加しました。 Weapon/マシンガン/Machinegun.YJP 武器を右手のボーンにくっ付けれるようになりました。 void Heroine::Update() { w_obj->parent_bone_id = 16; } WASDキーでも、移動できるようになりました。 マップのYJC読み込み時、配置モデルが移動などでYJPが読み込めなかったら Log出力と最初にLoadした3Dモデルを表示しないように修正しました。 Recollectionは、YJライブラリ 2020.0904 を使用しています。 ※ソース付き版を、YJ Project 2020 に追加しました。 2020/ 8/24 Recollection 2020.0824 リリースしました。  ダウンロード 5.4MB マウス右で銃を構えて、マウス左で発砲できるようになりました。 終了はESCキーです。 Recollectionは、YJライブラリ 2020.0824 を使用しています。 ※ソース付き版を、YJ Project 2020 に追加しました。 2020/ 8/21 Recollection 2020.0821 リリースしました。  ダウンロード 5.4MB 第2部 TPS用の移動(カーソルキー)や 視点操作(マウス)を作成しました。 Recollectionは、YJライブラリ 2020.0821 を使用しています。 ※ソース付き版を、YJ Project 2020 に追加しました。 2020/ 8/ 8 Recollection 2020.0808 リリースしました。  ダウンロード 5.3MB 草原.YJPから草や2頂点のゴミポリゴンを削除して 草・木・空の描画順のソートが改善して 草や木の葉っぱ部分の抜き表示が綺麗になりました。 半透明のポリゴンや葉っぱのようなテクスチャに抜き色がある場合は 奥から順番に描画しないと綺麗に表示されません。 YJライブラリを使うと、自動的にソートして描画されますので プログラマーは、Map3_Load("草原.YJC"); と1行コードを書くだけで ファイルの読み込みから描画が行われます。 YJC形式の場合、移動可能範囲、地面とのコリジョン判定 簡易壁コリジョン(立方体・円柱)、ポリゴンモデル複製配置 イベント情報などをYJ StudioのGUIで設定できるので便利です。 これらの情報は、プログラムのコードを変更しないので ビルドしてexeを作り直す必要がなく、プランナーやデザイナーの方が データを変更して動作確認できるので開発効率が上がります。 2020/ 8/ 4 Recollection 2020.0804 リリースしました。  ダウンロード 5.4MB YJ Studio 2020.0803の3Dマップ編集モードの3Dモデル配置を使用した場合 ファイルの読み込みやメモリの使用量が少なくなりました。 サンプルデータを追加しました。 Data/Recollection/map4_1_草原 草原.YJC 草原.YJP 草.YJP 木.YJP 草や木のデータを使い回して表示していますので 元(ベース)になるYJPを更新するだけで、配置している全ての3Dモデルが更新されます。 たくさん配置しても、YJPのサイズは増えないので 3Dマップのファイルサイズを節約できます。 Recollectionは、YJライブラリ 2020.0804 を使用しています。 ※ソース付き版を、YJ Project 2020 に追加しました。 2020/ 6/13 Recollection 2020.0612 リリースしました。  ダウンロード 5.2MB 真空刃の攻撃を追加しました。 Recollectionは、YJライブラリ 2020.0612 を使用しています。 YJP形式のバージョンが2020になりました。 ・シャドウマップの描画フラグ ・半透明描画用にZバッファ書き込みフラグ 3Dモデルのグループ別に設定して保存できるようになりました。 ※ソース付き版を、YJ Project 2020 に追加しました。 2020/ 6/ 6 Recollection 2020.0606 動画 炎を飛ばしたり、30秒あたりから デバッグ機能で炎を大量に表示してみました。 2020/ 5/28 Recollection 2020.0528 リリースしました。  ダウンロード 5.4MB 炎のサンプルを追加しました。 Data/Recollection/Effect/炎_3D/Fire.YJP 4角形のポリゴンに、複数の炎のイメージを切り替えて表示しています。 ■作り方 ・YJ Studioの3Dモデルのモデリング編集で、4角形を作ります。 ・テクスチャ編集で、テクスチャウィンドウの追加ボタンで  パラパラアニメーション用のイメージを追加します。 ・モーション編集で、モーションウィンドウの右上のコンボボックスを  ボーンモーションからグループモーションを選択します。  キー単位でテクスチャを変更できます。  ( モーションウィンドウの下部にある、グループモーションのコンボボックス ) ・テクスチャ切り替えタイミング、キーを中ドラッグで左右に移動して調整できます。 YJ Studio 2020.0527 で作成できるYJP形式に対応しました。 ( グループ別に標準・加算・減算・乗算合成描画 ) ※ソース付き版を、YJ Project 2020 に追加しました。 2020/ 5/23 炎 2Dエフェクト パーティクルの炎は、処理が重たいので 2D画像を数枚切り替えて表示する、パラパラアニメ版を作成中です。 2020/ 5/23 YJ Studio 3Dマップ編集で、エフェクト(YJE形式)を配置して YJライブラリで表示してみました。 YJ Studioとゲーム中で、表示位置は大丈夫ですが 見え方が違う原因を調査中です。 2020/ 5/11 Recollection 2020.0511 リリースしました。  5.1MB ・攻撃する時に、近い敵の方を向くようになりました。 ・次のマップへの移動処理を、イベントのNoから  イベントの名前を使用した方法に変更しました。  後からマップを追加してマップNoがズレても  イベント情報を修正する必要がなくなりました。 ※ソース付き版を、YJ Project 2020 に追加しました。 2020/ 5/ 4 BGMと効果音を入れてみた動画です。 BGMやSEは、Wingless Seraph ユーフルカさんのBGM素材を使用しています。 https://wingless-seraph.net/ 2020/ 5/ 3 Recollection 2020.0503 アップしました。  2.4MB YJ Studio 2020.0429 3Dマップ編集のイベントで作成できる YJC形式を読み込んで、マップを移動するサンプルです。 マップの右端に移動すると、イベントにヒットして フェードアウトが始まります。 リアルタイムムービー再生後、次のマップが表示されます。 今までは、プログラムで座標を直書きしてビルドしないと イベント発動範囲を修正できなかったのが ツールで視覚的に編集できるようになり パラメータを利用することで、マップの移動先も設定でき 座標調整のために毎回ビルドする作業も不要になりました。 ※ソース付き版を、YJ Project 2020 に追加しました。 2020/ 4/15 Recollection 2020.0415 アップしました。  2.4MB YJ Studio 2020.0414 3Dマップ編集の3Dモデル配置で作成できる YJC形式を読み込んでみました。 サンプルはキャラを配置していますが 木・草・山・家などを配置して、移動・回転・拡大縮小させて 複数オブジェクトを配置すると 1つのモデルデータで色々なバリエーションを作成できます。 後からベースになるモデルデータを1つ編集するだけ 全てのモデルデータを一気に更新することができます。 2019/11/12 Visual C++ 2019 でビルドできない場合 最近、Visual C++ 2019 をインストールされた方は、4月に案内した方法が使えなくなっているみたいです。 プロジェクトのプロパティ -> 全般 -> プラットフォーム ツールセット -> Visual Studio 2019 (v142) に変更すると ビルドできるようになると思います。 XPが手元に無いので動作確認できませんが、たぶんXPだと動かないexeが作られるようになると思います。 2019/ 4/ 8 Visual C++ 2019 ビルドテスト Visual C++ 2019がリリースされたので、ビルドできるか試してみました。 特に問題なくビルドできて実行できました。 「インストール コンポーネントがないため、プロジェクト 'Reco' を読み込めませんでした。修正するには、以下の選択をして Visual Studio セットアップを起動してください:   Windows XP support for C++ をインストール」と表示される場合は メニュー -> プロジェクト -> インストールされていない機能のインストール これでビルドできるようになると思います。 Recoのソースは、YJ Project 2018で配布しています。 Visual Studio 2019 のダウンロードはこちら Visual Studioの古いバージョンは、ここからダウンロードできます。 2018/11/ 5 Recollection 2018.1105 アップしました。  2.3MB キャラクターが移動する時、よりスムーズに画面がスクロールするようになりました。 モーションブレンド使用時、稀にポリゴンの一部が消えてしまうのを修正しました。 開発環境を、Windows10, Visual C++ 2015 に変更しました。 2012/ 9/16 Recollection 2012.0916 アップしました。  2.2MB 2009/12/13 Recollection 2009.1213 アップしました。  1.6MB YJライブラリ 2009.12 + Visual Studio 2005 対応です。 2009/ 8/16 Recollection 2009.0815 YJライブラリを利用したサンプルです。 Visual C++ 2005 で動作確認しています。 2009/ 8/15 Recollection 2009.0815  1.5MB ・兵士に「走る」と「ダウン」モーションを追加しました。 ・兵士が壁に向かって走り続けない対策を追加しました。 ・描画人数を表示するようにしました。 2009/ 7/23 Reco満員電車300人 シェーダー ON OFF 100人 33 43 FPS 200人 16 20 300人 10 12 Core i7 2.6G + GeForceGTS 250 描画負荷より、キャラ同士のコリジョン判定でCPUがボトルネックかも・・・ 2009/ 7/12 Recollection 2009.0710  1.4MB PageUpキーで、敵兵士が出現します。 Sキーで、シェーダーモードをOn,OFFできます。 2009/ 2/ 8 Recollection 2009.0208 リリース 1.3MB 2Dエフェクトや、PageUpキーで敵を追加できます。 2009/ 2/ 7 2Dエフェクト YJ Studio 2Dモデル編集モードで、この画像が表示されて消えていくアニメーションを、YJA形式で保存します。 このYJAを、YJライブラリでエフェクト( YJ.Effect )として複数表示して アニメーション後オブジェクトが自動消滅する機能が、かろうじて使える状態になりました。 複数のYJAの管理と表示タイミングの設定などを、YJ Studio エフェクト編集モードで 作成できるようになる予定です。 2009/ 1/20 パーティーバトル 2008/ 6/ 3 敵の攻撃エフェクト ※古いバージョンはこちら