アニモ


  ダウンロード( 0.7MB Vector )



※ 2004/ 3/25現在、改良版を YJ Studio 2004
3Dモデル( モーション )に統合して配布中です。



 2003/ 1/16

  新しい3Dモーションツール「アニモ」アップしました。  ダウンロード( 0.7MB )


   ※ 操作方法


    Zキーを押しながら、マウスの左or右でズーム


    メインウィンドウ

     左ドラッグ -> コマンド(移動・回転・拡大)の実行
     中ドラッグ -> カメラ移動
     右ドラッグ -> カメラ回転


    サブウィンドウ( Front, Top, Side )

     FrontViewの場合( 他のViewの場合XYZが変わります )

     コマンド(移動)
      左ドラッグ -> XY移動

     コマンド(回転)
      左ドラッグ ->  Z 回転
      右ドラッグ -> XY回転

     コマンド(拡大)
      左ドラッグ -> XY拡大
 


   ※ 作り方

    1 まずアニメーションさせる、モデルデータを読み込みます。

      オブジェクト一覧ウィンドウで、1〜31の好きな項目を選択して
      上部にある「読み込み」ボタンを押します。
      そして、モデルデータ(YJP形式)を選択します。
      ( YJP形式は、YJ Studio で作成することができます )

    2 親子設定をする場合は、オブジェクト一覧ウィンドウ下部で
     「親オブジェクト」を選択して「決定」ボタンを押します。

    3 キーフレームウィンドウで、任意のフレームNo( 0 〜 300 )を選択します。
      例えば60と書いてある下の部分を、左クリックして下さい。

    4 次にキーを作成します。
     「キー作成」ボタン、又は左ダブルクリックで
      キーを作成することができます。

    5 コマンドウィンドウで「移動」「回転」「拡大」を選択して
      上記操作方法で、モーションを作成することができます。

    6「再生」ボタンで、作成したアニメーションを
      再生することができます。

    7 1〜6の操作を繰り返して作成したモーションデータを
      メニュー -> ファイル -> 保存(ANM) で保存することができます。

      次回ソフト起動時、読み込み(ANM)で
      作業を再開することができます。


   YJ Studio オブジェクト編集モード や 古い開発ツール のページ移動した MCGレンダラー の
   上位バージョンって感じのソフトです。


 2003/ 1/ 8

   モーション ベースエンジン大改造中・・・
   
   現在、1軸の場合 問題は無いのですけど
   2軸・3軸同時に回転させると、意図した方向に回転させるのが
   難しくなったり、できなかったりします。( ジンバルロック )

   操作性を上げるために、データの管理をマトリクスから
   クォータニオンへ変更して、色々実験中です。

   将来的には YJ Studio & YJライブラリ に搭載する予定ですが
   データの互換性問題や、その他 色々修正しないといけないので
     しばらくの間 YJ Studio とは別に、モーション編集専用ソフトとして
   実験版を配布して行こうと思っています。